Skip Navigation
  1. トップ
  2. 寿城区について
  3. 歴史

歴史

Suseong facebook Suseong twitter

スソン(寿城)区は、新羅時代にはウィファ(喟火)郡(「上村昌郡」とも呼ばれていた)と呼ばれていたが、新羅第35代のキョンドク(景徳)王がスチャン(寿昌)郡に改称した。

カチャン(嘉昌)と記録されている史料もある。 高麗時代初期にスソン(寿城)郡に改称され、顕宗9年(1018年)に寿城郡司として慶州府に属すことになるが、恭讓王2年(1390年)に監務が置かれ、ヘアン(解顔)県に属すことになる。

。朝鮮太祖3年(1394年)に監務が廃止され、大邱府の属県となり、後にまた慶州府の属県となるが、太宗14年(1414年)に再び大邱に編入され、1419年に寿城県司として大邱任内に属すことになる。考証と縁由によって寿城区寿城野(後に都市計画により区画整理され、現在の黄金洞・斗山洞となる)]と命名され、管轄の中心的役割を果たし、1980年4月1日に区が新設されたときに正式に寿城区となった。
 

1981年7月1日に大邱が直轄市に昇格した際、慶山郡孤山面が編入され区域が広がり、1988年5月1日に自治区に昇格、その後1995年7月1日に民選自治時代が始まった。

寿城区の歴史的特徴

  • 長い歴史:1500年の歴史
  • 地域の主郡:大邱とその一帯を800年間にわたって治めた地域の主郡
    • 大邱(達句火県)、七谷(八居里県)、城西(多斯只県)、月背・花園(舌火県)
  • 大邱市の8自治体の中で唯一かつての地名を現在も使用

ビデオ

top